幼稚園の先生になる資格

男女

子供の成長を実感できる

女性に人気のある資格は保育士と幼稚園教諭です。特に幼稚園教諭の資格を希望する女性が多いです。保育士と幼稚園教諭は似ているようで実際には仕事に対する取り組み方が違ってきます。保育士は主に乳児の世話をするのに対して、幼稚園教諭は幼児を相手にします。幼稚園では教諭が一人担任として生徒たちを指導することができ、自分が大学などで得てきた知識を現場で活かせるのです。また保育園は勤務体系が変則的ですが、幼稚園は朝の始まりと夕方のお帰りまでの時間が決まっており、働きやすいのです。このような点から、女性の間では大学在学中から幼稚園教諭を目指す人が多いのです。幼稚園教諭の資格を取るにはいくつかの方法があります。4年制大学で幼稚園教諭の養成課程を修了すると1種免許が取れます。2種免許なら短期大学や専門学校を卒業すれば取れます。このどちらかの方法で資格取得する人がほとんどです。幼稚園教諭のメリットの1つは、自分が担当した子供たちが卒業するまでに成長していく姿を見ることができる点です。そこには自分の教え子の成長に少なからず手を貸したという達成感があるのです。全ての教師業に当てはまることですが、特に幼稚園の子供は成長が早いので実感がわくのです。幼稚園教諭になるためには大学を出て資格を取得する他に、子供が好きであるということが条件になります。この点も若い女性に人気がある理由となっています。常識的な考えができて、明るく元気な女性に向いている職業です。