WEBライター向けの資格

ウーマン

合格に必要なスキルやコツ

WEBライティング技能検定は、民間の資格で現在多くの企業や個人が利用をしている、クラウドソーシングを利用した業務や外注に依頼をして業務を代行してもらう時に、作業を行うWEBライターの質の向上や仕事のニーズに応えられるだけのスキルの向上を求めるためにできた資格です。WEBライティング技能検定を修得するためには、まず指定された教材による独学による学習が必須になります。学習を終えた人が試験を受ける資格を得られますが、WEBライティング技能検定の合格に必要なスキルに関しては、具体的に公表はされていませんが、文章を書く上で明らかにおかしい内容であったり、誤字脱字が多いなどの基本的にクリアをしなければならない水準のテストになっています。しかしながら、テストの合格率が、約53%と言われている資格だけに、あまり甘く考えていると不合格という目にあってしまいます。少なくとも受験者は全員、決められた内容の学習を終えている人が基本なのですから、WEBライターとしての基本的な常識やスキルはあって当然のものだという認識になります。ところが、実際に受けてみると不合格になる人が約半数いるのが、現実なので、単純に知識として学習をしていても意味がないということになります。WEBライティング技能検定の試験では、実際にテキストを受講していれば、模擬試験を無料で3回も受ける事が可能になっています。従って、WEBライティング技能検定に合格をしたいと思うのであれば、まずは最低限の文法や使用すべき言葉などはテキスト以外にも日頃から学ぶ必要があるといえます。また、本番のテストで行うライティング時には、誤字脱字は完成後に読み直す事で解決できますし、文末の表現や文法などは、自分で読み返して本当にこの文章で読みやすいかどうかを確認する必要があります。