試験は年に一回

ウーマン

正確ではないので注意も

税理士になるにはいくつかの方法がありますが、もっとも一般的なのは年に一回行われる税理士の筆記試験に合格するということです。税理士の筆記試験を受けるためには大学の卒業や資格、職歴などの条件を満たす必要があります。世の中には数多くの資格試験がありますが、その中でも税理士の試験は難関とされている試験でもあります。ですが、税理士の試験の場合には一度に全ての科目で合格する必要はありません。科目は全部で5つとなっていますが、この5つを一度の試験で全て合格する必要が無いので数年に渡って計画的に試験を受けるようにするのが合格への近道とされています。一度に5つの科目を同時に合格するには勉強量がそれだけ多くなってしまいますが、一度の試験で1〜2つ程度の科目に重点を入れればそれだけ合格しやすくなるというわけなのです。ですが、試験に合格したからといってすぐに税理士として働けるわけではなく2年以上の実務経験も必要となるので注意しなければなりません。税理士の筆記試験に限らず試験が終わるとすぐに解答速報が配られたりネットに公開されたりすることがあります。これらの解答速報はいち早く自分の試験結果を知るための手段として多くの人が利用していますが、解答速報はあくまでも公式に出しているものでは無いということを理解しておく必要があります。解答速報は間違っていることもあり、また合格基準や配点などもわからないためあくまでも参考程度に考えておくことが大切です。