PCを操作する人

幼稚園の先生を目指す方法

幼稚園教諭の資格は、教員養成コースのある短大や大学で取得できます。また、それ以外にも、大学を卒業している人には、不足単位を修得する形で資格が授与されます。さらに、保育士資格のある人は、国家試験に合格したり、通信教育で指定単位を修得する道が用意されています。

詳しく見る

ウーマン

WEBライター向けの資格

WEBライターにとって、必要な知識やスキルをテキストを使って学び、検定試験を受けて合格をすれば、今後の仕事や副業に有利になると言われているWEBライティング技能検定ですが、合格率が思ったよりも低いという印象があります。WEBライティング技能検定にはどのような合格のポイントがあるのかを説明しています。

詳しく見る

スーツの人

奥が深いライティング技術

WEBライティング技能検定は検索エンジンなどで上位に表示させやすく読みてにとって見やすい記事を書く技術を取得するのが目的です。このWEBライティング技能検定の資格も持っていれば高案件のライターの依頼をもらう事もできます。

詳しく見る

ウーマン

試験は年に一回

税理士になるためには一般的に年に一回行われている筆記試験に合格する必要があります。税理士の試験は難関だとされていますが、一度に全ての科目に合格する必要はありません。筆記試験が終了すると解答速報が出ることが多くなっていますが、あくまでも公式ではないので参考程度に考えておくことが大切です。

詳しく見る

男女

幼稚園の先生になる資格

小さな子供を相手にする仕事には保育士と幼稚園教諭があります。若い女性の間で幼稚園教諭を目指す人が多いのは、一人担任でクラスを持てること、子供の成長を間近で感じることができることなどが理由です。教諭の資格を取得するには4年制大学の幼稚園教諭養成課程を修了するか、短大や専門学校を卒業します。

詳しく見る

女性

自由に働くための資格

WEBライティング技能検定は在宅ワークのための新しい資格です。合格者はライティングスキルがあると証明されるので、実際にお仕事を始める際に様々なメリットがあり、資格を持っていない方より有利にお仕事出来ます。

詳しく見る

電卓

最近注目の在宅ワーク

最近、主婦層を中心に在宅ワークという働き方が注目を集めていますが、とりわけ人気が高いのはWEBライターの仕事です。WEBライターとしてやっていくにあたり、自らの能力を担保するには、WEBライティング技能検定に合格するという手段があります。

詳しく見る

試験の特性を理解する

子供と女性

それそれの要件

税理士試験を受ける要件は2つあり、学歴要件と資格要件に分かれます。学歴では短大・大学で経済学または法律学を1科目履修し卒業した人です。専門学校では総授業時間が1700時間以上である事も要件になります。資格では日本商工会議所主催の簿記検定試験1級合格により受験資格が得られます。簿記以外では司法試験合格者や平成18年以降では公認会計士短答試験合格者が、税理士試験を受ける事ができます。税理士になるには試験で11科目中5科目合格する必要があります。年1回の試験ですが、その1回で5科目すべて合格する必要はありません。科目毎に合格可否が判定されます。合格した科目は次回以降受ける必要はありません。その科目を合格した資格が生涯得られます。11科目ですが必須科目と選択科目に分かれています。必須科目は簿記論と財務諸表論で、この2科目は5科目中必ず取得しておかないといけません。そして選択科目ですが選択科目と選択必修科目があります。必ず所得税か法人税どちらかを選択しないといけません。選択科目でもどれでも良いわけではありません。住民税・事業税と所得税・酒税・住民税はどちらか1科目しか選択できません。それぞれの科目毎に解答速報が試験後早くて当日に各予備校から情報を得る事ができます。解答速報には合格ボーダーラインも掲載されています。税理士試験の各科目は60%以上の得点で合格と定められています。しかし解答速報を出す予備校でも配点はわかりません。難易度により配点も予想して目安のボーダーラインを掲載します。そのため解答速報は日を追う毎に試験を吟味され、修正されていきます。定期的に確認すると良いでしょう。